はなみの感想&妄想

百合物件好きな私「はなみ」が、思ったまま感じたままを綴ります。ネタバレを躊躇しないスペースとして作ったので、閲覧の際はご留意くださいませ。

魔法少女育成計画(無印)感想

表題の通りです。いまさらです。

アニメ、シリーズの他作品の話もありますので閲覧注意です。

 

 

 

 

凄いスピード感だよ!!

って一言ですね。16人の登場人物が凄まじい勢いで脱落するこの約300ページは、今まで読んで来たラノベの中でこれまでに無い展開の速さで、とにかく驚いたのは今でも覚えています(20日前)。

そもそも某TS百合好き兄貴の2次創作から興味を持った本作は、知った時にアニメが6話までやってまして、一気観したことでのめり込んでいきました。ありがとう、それ以外の言葉が見つからない……。

もともとサスペンス、アクション系の作品は大好きなので、性格と合致したのもあります。

 

アニメと私生活を絡め、かけっこ気味に読んだ本作でしたが、印象に残る……好きだったシーンは以下の二つ。

ルーラ脱落、ハードゴアアリス脱落です。権謀術数でもって無敵に近い能力者を撃破するのは、実に読んでいて楽しいですね。

ルーラはデザインや人間像含めてかなりのお気に入りだったので、ウワァァァァァってなりましたが、中途半端な悪人は倒されるのがまほいく。それに、スイムスイムがラスボスとして申し分ない化け物だったので、最後までも読んでやっぱりルーラよかったなって思います。ねむりんェ……。

ハードゴアアリスはアクションやら自殺やらでバタバタ魔法少女達が死んでいく中で、いい意味で物語のストッパーになった気がします。こんな殺し方もあるんだよってエンターテイメントを提供された気がして全体としてメリハリが効いたと感じたエピソードとして印象に残っています。

こんな文章書いて私の精神状態大丈夫か?

 

走りましたが、シリーズの原点ということで十分に惹き込まれる何かがあった作品だったと思います。走り気味だった内容も、アニメワンクールを意識しているかのようで、実際にそうなってますし、restart以降は展開にページを割くことでそれは感じなくなりました。

 

散文ですがとりあえずはこんな感じです。

アニメも動いている彼女達を見るのは実に楽しくて、続きが待ち遠しいところです。

というか、とにかくエンディングが曲、映像共に素晴らしい。本編が濃いだけに、虚しさをはらみつつも、安らかな眠りの中にいる彼女達には「お疲れ様」を言いたくなります。

 

 では、またお会いしましょう。